愛和元町保育園

自分で考えていっぱい遊べる元気な子に育ちます

ごあいさつ

自分で考えていっぱい遊べる元気な子に育ちます

社会福祉法人江戸川豊生会は、法人サービスコンセプトである≪もう一つの家族でありたい≫という想いのもと、地域に根ざしたサービス展開を行い、高齢者福祉の充実を目指して参りました。幼児教育にも、これからの超少子高齢化社会を支える子供たちに明るい未来と支えあう社会を提供していきたいと考えています。さらに、保護者の皆様が安心して預けられる保育園づくりに努めてまいります。「一人ひとりの個性を伸ばした明るい保育園」を基本理念とし、未来を担う園児達と楽しい環境を一緒に作ってまいります。

自分で考えていっぱい遊べる元気な子に育ちます

園からのおしらせ

自分で考えていっぱい遊べる元気な子に育ちます

  • 2016年4月01日
  • 千葉県福祉サービス第三者評価の評価結果が発表されました。
    > 評価結果はこちら(PDF)
  • 2015年4月27日
  • 千葉県福祉サービス第三者評価の評価結果が発表されました。
    > 評価結果はこちら(PDF)
  • 2015年3月25日
  • 3月14日に第4回卒園式を行い、31名が卒園しました。0歳から5歳まで35名の新しいお友だちが入園して27年度がスタートします。
     今年も下記の「保育方針」
     子ども達にとって大切な生活リズムを整え、集団保育と家庭保育の連携で、乳幼児の人格形成の大切な時期を、保護者・保育者がお互いに手を取り合って保育を進めていきたいとおもっています。

    ★健康で明るく、挨拶がはきはきと出来る子。
    ★善悪の判断が出来る子
    ★自分の考えをはっきり言える子
    ★思いやりのある優しい子
    ★感性の豊かな子

     この子供像を目標に、ご家庭と子育ての喜びが共有できる保育を職員一同、力を合わせ目指してまいります。
  • 2015年1月13日
  • 新年あけましておめでとうございます。つつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。日頃より当園にご支援ご協力いただきましてありがとうございます。
     園の新年集会で、チーバ君と共に獅子舞も登場しました。今までと違い、職員が顔を出し獅子舞の口をパクパクするだけの動きでしたが、大泣きでした。こどもたちにはどのように映ったのでしょうか?大人の想像をはるかに超えるような姿に映ったのでしょう。かと思うと、『チーバ君どこで着替えるの?』と年長さん。6年の年齢の差ですね。
     そしてことしの各クラスの目標は
     ほし組(0歳):けんこうにげんきにすごせますように
     そら組(1歳):みんながけんこうでたのしくすごせますように
     もり組(2歳):おともだちといっしょにてをつないでこうえんにいきたいな
     だいち組(3歳):やさしいおにいさんおねえさんになる
     うみ組(4歳):おにいさんおねえさんとしてちいさいおともだちにやさしくすることをがんばります
     たいよう組(5歳):しょうがっこうでともだちをたくさんつくってべんきょうをがんばる
    です。この一年、園でもこの目標と共に様々な希望と抱負をもってがんばります。
  • 2014年12月10日
  • 日に日に寒さを増してきました。まちなかがクリスマスに彩られると否応なしに追いたれられている感じがするのは、私だけでしょうか?そのスピードと同じくらい成長しているこどもたちです。
     0歳児クラスのおともだちも、1歳を過ぎると他のおともだちの持っている玩具に興味を示し、それを取り上げようとすることもあります。でも面白いことに、同じ玩具が床に落ちていても興味を示しません。これは仲間の持っているものだけに興味を示すという一種の仲間意識の芽生えかもしれません。やがて1歳半ごろになって仲間(友達)を知るようになりますが、いっしょに遊ぶことは少ないようです。しかし2~3歳ごろにはこども同士の共同作業が出来る様になり、ごっこあそびが始まります。これは、なかまを強く意識するようになったことの証明です。さらに4歳ごろになると、他の子どもの心を読むことが出来るようになります。これは仲間としての規律やルールを理解し、仲間関係をしっかり築けるようになった事を示しています。この仲間意識の形成には、環境の影響を無視できません。現在は少子化や地域社会の崩壊が進行しています。仲間意識の形成に欠かせない子ども同士の触れ合いや遊び込む機会が減少してきているのが現状です。これらの機会と場を充分に保障していく事も、保育園の役割の一つだと思っています。
  • 2014年10月24日
  • 先日の運動会はたくさんのご参加ありがとうございました。運営側は今年もいろいろな課題がありましたが、子ども達はお見事!しっかり行ってくれました。避難訓練は南小学校まで、全員で歩いて行き、2歳以上のクラスは、3階まで階段をのぼりました。いつもと違う場所は緊張するようで、真剣な表情でした。以前の不審者対応の時に婦警さんから、「何かあった時は、お父さん、お母さん、保育園にいるときは、先生たちがみんなを守ってくれます。でもその時みんなが自分勝手な行動をすると、守れなくなります。ですからみなさんは、お話の良く聞ける、良い耳を持っていてください。」この言葉はこどもたちに響いたようで「今日は先生たちがみんなを守るから、しっかり先生たちのおはなし聞いて下さい。」大きくうなずき行動していました。とても迅速に南小学校まで移動が出来ました。
  • 2014年10月07日
  • 早くも10月です。運動会、親子遠足と保護者のご参加をお願いする行事が月2回もある慌ただしい月です。運動会練習(特に勝負事は)いつも真剣そのものです。
     そして感じる事は5歳児は4回目の運動会となるため今までの経験から運動会のイメージが確立していて、ある程度の見通しを持って取り組んでいる事。4歳児もそれに近い状況です。3歳児は季節柄気温も高く、体操の時間に整列の練習はしているものの、3歳児の集中力をはるかに超えて疲労していることだと思います。0歳1歳2歳の子ども達は職員がやけに忙しそうだなと思ってみているのかな?行事としては大イベントの運動会です。昨年経験した子ども達の一年前の姿と桁違いに成長している姿を楽しみにして下さい。初めて経験する子どもたちは、いろいろなことを感じ経験して心身共に成長してくれることとおもいます。
  • 2014年09月18日
  • 今年度も早くも半年が過ぎようとしています。それぞれのクラスの子どもたちが成長していることに驚かされます。
    幾分涼しくなったように感じますが、こどもたちは朝から汗流し活動しています。
    活動はしていても、昨今感じる事は、身のこなしがへたくそになったなと、上手に怪我できない。
    肘や膝小僧の擦り傷が減り、ダイレクトに顔・こんなことが多くなりました。
    外遊びの機会や身体を動かす活動を増やし、巧に身体を動かせる能力を身に付けて欲しいと思う今日この頃です。
    運動会、体育の日を前に親子でも多いに身体を動かしてください。
  • 2011年12月01日
  • 愛和元町保育園も今年開園して9か月目になりました。四季の行事もたくさん経験し、思い出もいっぱいできました。11月12月の保育参観では、保護者の皆様に園での様子をみていただきました。各クラスでの遠足も担任がいろいろ企画しています。今後の行事予定は、12月はクリスマス会、1月・新年お楽しみ会、2月・発表会、3月・卒園式など楽しみです。

自分で考えていっぱい遊べる元気な子に育ちます Heart to Heart こころの絆

ご利用者様ストーリー季節の行事リポートスタッフの想い 地域との密着 わたしたちの取り組む介護・福祉 Heart to Heart こころの絆